猛暑の中での練習

こんにちは!本日ブログ担当の杉原です。
今日は強い日差しが照りつける猛暑の中での練習でした。
練習メニューはフィットネス→ハンドリング→ブレイクダウン→ディフェンスドリル→ユニットでした。

今日はコーチ不在でしたが、先日の試合で見つかった多くの課題を1つずつ改善すべく練習を進めました。ハンドリングやブレイクダウンでミスをした時には、すぐに何が悪かったのか、そしてスペースの使い方やコミュニケーションの取り方などのはっきりとした改善策をお互い言い合い、次のプレイに繋げていました。また3年生が1年生に対して自ら手本を見せて丁寧に教えたり、アドバイスの声をかける様子が多く見られました。この練習にはどんな意味があるのか、何を突き詰めているのかを再確認できていたのではないかと思います。

今後も良いプレイをそのまま継続し、悪いプレイを改善するという単純な事をしっかりと繰り返し、成長できる部分を最大限に伸ばしていきたいです。

夏休み練習に入り、1年生が自ら走り込みを始めたり、練習で出来なかった所をもう1度見返して話し合ったりと、ラグビーに対する意欲が更に増してきているように感じました。1年生にとって初めての長い夏休み、自分の力をどれだけ突き詰めて伸ばしていけるのかを楽しみながら、前向きに励んでいってほしいです。

他の部活では熱中症になる人も増えてきているので、より一層気を引き締めて各自の毎日の健康観察を徹底し、暑い夏を乗り越えていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*