土台づくり

こんにちは!本日ブログ担当の新3年SH/WTBの齊藤柊太です。本日の練習はいつも通りハンドリングの練習でスタートしました。花園予選を終え、ボールの勢いに負けずにボールを迎えにいってキャッチする、スピードをもってキャッチしに行く、という新たな課題の克服に向け日々練習を積み重ねています。また、2対1、3対2での成功率を上げようと毎日練習し続けています。成功率は徐々に上がったきているもののまだまだミスは多いですが、選手間で意見を出し合いその場で改善できるようにしています。
次にコンタクト練習を行いました。自分たちのチームは体が小さく、大きな相手に当たり負けないためにもヒットの仕方、ボールリリースの仕方には一層こだわらなければならないと思っています。これも日々練習を積み重ね、新人戦に当たり負けないチームにします。また、タックルも課題です。工学院戦、洛北戦ともに相手を止めれていたものの、ずっと当たり負けしていたように思います。今新たに相手に近づいてタックルできる足の運び方を練習しています。近々の試合で発揮できるようにします。
最後にFW、BKのユニットに分かれて練習しました。BKの課題はハンドリングエラーが多い事です。なので花園予選を終えて以来初心に帰り精度アップを目指しています。新人戦ではミスを少なくよりアタックの時間を増やせるようにして、より見ていて面白いようなラグビーをしてみせます!自分は今足首の怪我により少し練習を離れて自主トレーニングを行ってきましたが、期末テスト明けから完全復帰します。短期間で離れていた分を取り返し、もっと成長していきたいです。
自分はこれまでWTBとして試合に出場してきましたが、中学からやってきていたSHに戻ることになりました。SHでは安定したパス、元からの武器であったディフェンスやコミュニケーションはもちろん、流れを変えるやうなキックもどんどん使っていけるような選手になりたいです。またトレーニングを積んで行って京都一ガタイのいいハーフになろうと思います。それにはこの冬たくさん食べて体重を増やし、ウエイトトレーニングをひたすらやるしかありません。新人戦までに5キロ増量を目指します。
最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*