部員のみで考えて

こんばんは!本日ブログ担当の2年CTBの坂井綸太郎です。

今日は練習の前半はハンドリングドリルを行い、後半はウエイトトレーニングを行いました。今日はコーチがいない部員のみの練習となりました。最初からコーチがいない中でも気を引き締めて練習しようと全員が心掛けていましたが、ハンドリングドリルではミスが多発し雰囲気が落ちていくばかりでした。練習中にもミスをなくそう、意識を変えようとチーム全体で話し合っていましたが一向に雰囲気が上がる気配がしませんでした。後半のウエイトトレーニングは常にフォームの意識を欠かさずに楽しく追い込めました。

最高学年になった今、引っ張るのは僕達です。いつまでも人に頼らずに自分からという勢いを忘れずどんな状況でも適応して行けたら良いなと思っています。

自分はどんな時でも声を出すのが苦手で声が小さかったり通らなかったりします。プレー中でもそのようなことがよくあるので些細なことでもいいから声でチームを引っ張っていこうと思います。体も小さいので大きくして体を張り部員の皆から頼られる存在になりたいと思っています。

最後までご覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*