国際交流試合 VS Vajiravudh College(Thailand)

サワッディー・カー。

ご覧いただきありがとうございます。 本日も担当は3年MGの伊藤です。

 

バンコクらか来られたVajiravudh Collegeとの練習試合が行われました。

想像していたよりも大きくて強そうな選手が多く、気が引き締まります。

5/13

前半戦は、Bチームのメンバーが中心となりプレーしました。

思うようにプレーができず、得点を重ねられてしまいます。

45-0で得点を上げられないまま前半戦が終了します。

 

後半戦は、Aチームのメンバーと何名か交代し、流れを変えにかかります。

後半15分までに、全力を尽くした同志社はそれまでに3トライを返しますが、

試合終了が迫ると2トライを追加されてしまいます。

タイ59-19同志社 でノーサイドです。

 

試合後は、カフェテリアでアフターファンクションが行われました。

じゃんけん大会やトークタイム、はたまた両国ネタ対決が繰り広げられます。

同志社生はタイ語が喋れず、Vajiravudh生は日本語が喋れません(勿論ですが・・・)

コミュニケーションは英語を使い、身振り手振りを交えて みんな和気藹々と過ごしていました。

 

タイの選手はみなさんとても礼儀正しくて、感謝の気持ちを惜しむことなく伝える姿が印象的でした。

スポーツは国境を越えるんだ、と実感できるいい機会になったのではと思います。

これを機に英会話の重要さに選手が気付き、迫る中間試験の勉強に身が入ることを

マネージャーとして祈るばかりです・・・。

 

応援に来てくださった皆様、アフターファンクションの準備をしてくださった父母会の方々、

この一大!イベントが滞りなく進むように手配してくださった皆様、本当にありがとうございました。

コップン・カー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*