取捨選択

こんにちは(^^)/

日差しも強く、気温も高い日が続いていますが

皆さん体調崩されたりしていませんでしょうか?

プレーヤー達にも水分と塩分の補給を促していかないと!

と思う今日この頃です(o^―^o)

 

IMG_9314

 

今日はちょっと変わった練習内容でした。

フィットネスはもちろんのこと、ユニットを中心的に行いました。

 

ひとつ前のブログでは「考えずに思いのままに」というような内容のことを

書かせていただきましたが、

今日は「選択」のお話をさせて頂きたいと思います。

先日の話と矛盾するかもしれませんが、

考えずに無鉄砲に行動できるのも幼少期だけ。

高校生にもなるとそれなりに考えることも増えてきます。

身近な選択でいうと、今日のお昼ご飯A定食かBランチどっちにしようなどですが、

リアルな話をすると選択授業であったり、進路希望であったり

ほぼ初めてと言ってもいいぐらい、

自分の将来と向き合って自分で選択する機会が多くなるわけです。

持論かもしれませんが、「選択」は成功と後悔がはっきり表れるものだと思います。

「あの時、ああしてよかった。」

「あの時、もうちょっとああしとけばよかった。」

よく遭遇するシーンではないでしょうか。

いい選択をすると自分の自信になり、理想像に近づきます。

逆に満足いかない選択をすると、後悔の念に駆られ、落ち込みます。

過ぎたことは取り返せません。

だからこそ、丁寧に決断すべきなのかもしれませんが

そんな余裕のある状況があるかなんて分かりません。

例えば試合中にはそんな時間はありません。

だからこそ、決断力があるべきなのかもしれませんが、

私は我儘な選択をするというのが大事なのかなと最近考えます。

自己中心的な判断というのではなく、大人な我儘です。

自分の人生一度しかないのにこれでいいのかと考えた時のYES・NOに従うことです。

昨日熊本で起こった地震の影響で、

もし今災害が起こって生きられなくなったらと考えました。

自分は何かこうすればよかったと思いながら死ぬのかなと思うと

やるせない気持ちになりました。

嫌だなと思いました。

そう思うと選択で後悔していること自体が自分を否定していることに気付きました。

こうしたいけど誰かと意見がぶつかると嫌だから合わす、という行為が

誰のためでもない、意味のないことだと思いました。

ここから6か月間、全員があの時の選択が成功だったと思うことはないでしょう。

それでも、このチームで過ごしていく日々の中で大きな選択に迫られたとき

例えぶつかって思うようにいかなかったとしても、

皆の選択が自分のためになるような決断であることを願います。

 

ご覧いただきありがとうございます☆

 

3年マネ 三苫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*