雨の中

本日ブログ担当の一年松村です。

昨日に引き続き雨がずっと降り続いていた中での練習でした。最初ウォーミングアップとして四列パスをしました。ストレートランと正確なところにボールを投げ込むことを意識していました。次にタッチフットをしていました。スクリューパスは禁止でフラットパスのみというものでした。セービングではうまくボールを確保でてきている人もいればボールをこぼしてしまう人もいました。その後ユニット練習をしました。フォアードはラインアウト、バックスはキックをしました。その後100メートルを6本走り、懸垂を10回しまし練習は終了しました。最後に小栗さんが「セービングみたいな泥臭いところが大事」と言っていました。僕も本当にその通りだと思って、接戦は一回のボールの転がりで勝負が決まるからセービングの重要性を改めて感じました。

ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*