1つ1つの練習に意図と目標を


こんにちは!本日ブログ担当の1年WTBの水嶋です。

本日の練習内容は、ハンドリングスキル、タックル、9シェイプと10シェイプ、チームランでした。①ハンドリングスキルでは、セットして行う3対2と、キックキャッチしてスタートの3対2を行いました。アタックラインを作りパス回しでトライを取る上で大事なinsideランとラインの深さや溜めてでるということにfocusをあてて取り組みました。日々の練習によって徐々に精度が良くなっていることを実感しています。②タックルでは、パワーフットを相手の足元に踏み込むことにfocusを当てて取り組みました。コンタクトの練習ではあまり明るい声が出せていませんでした。仲間同士でお互いを励まし高め合いつつ、甘さが出ないような質の良い練習にしていきます。③チームランでは一人一人が積極的にコールし行動に移すことにfocusを当てて取り組みました。チームランでは相手チームはいませんが、相手のDFの状態を予想しその際の1番良いオプションでアタックを組み立ています。

今年度の目標は京都一になることです。今年度は人数が少ないですがマイナスに考えず、人数が少ない分基礎の練習であったり応用した練習でも、行える回数が増えるというプラス思考で練習に取り組んでいます。膨大な練習量そして練習の質を高める、この2つが欠けないことで相乗効果が生まれ良いチームになると思うので今後の練習も真剣に明確な目標をもって行なっていきます。最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*