初志貫徹

こんにちは!本日ブログ担当の1年FB西島伊吹です。

昨日、洛水さんと合同練習をさせていただく機会があり、その中で多くの課題が浮き彫りとなりました。まずディフェンスでは、洛水さんの大きな選手の圧力によってラック際に寄せられてしまって外にスペースにボールを運ばれ、ゲインを許してしまいました。そのため周囲を見る意識を持ち、ディフェンスシステムを再構築していかなければならないと思いました。そしてゴール前でピックによってじわじわと押されてとられていることが多く見られました。これは練習だけでなく最後はどれだけとられたくないという強い気持ちが持てるかだと思うので各々がしっかりと向き合っていかないと感じました。アタックでは、形が決まっていないということもありますが、それでも先代からやってきた9シェイプでは、誰がいくのかかが分かりやすく相手にプレッシャーがなかったかなと思います。外が余っているときにうまくフォワードをダミーに入れられなかったり、バックスでのアタックが単純であるなどの問題点もありました。今回の合同練習では自分たちの現在地がはっきりしたと思います。

今年のチーム全体の弱点は一人一人が自分の意志を持ってプレー出来ていないことだと思います。9シェイプで相手が走り込むのに対して前に出れていない。どの時もラックを捨てている。バックスで攻めるときに仕掛けがなく、ヒットで終わっている。これはすべてが受けに回ってしまって、今自分たちがすべきプレーが理解できていないことによって起こると思います。新チームになった今、自分たちがこの時どうするべきかもっと話し合ってみんなが同じ意志を持ってそれを実際に行うことが大切だと思います。小さな目標を達成していった先に京都一という大きな目標があると思います。この目標を絶対に達成するという強い意志を持ってやっていきます。是非これからも僕たちの活動に注目していただき、応援いただけると幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*