ひたむきに積み重ねる。そして、勝ち切る。

こんにちは!第112代主将 瀧川創太郎です。
僕は、前チームより2年生リーダーとして、前主将・前副将と共にチームの中核で多くの経験をさせてもらい、来るべき新チームへの準備をしてきました。このチームで、自分の限界を越えるまで力を注ぎます。どうぞよろしくお願いします。
まず、今の心境を率直に言わせていただくと、強い危機感を抱いています。誰かがやってくれることを待っているだけでは、次のステージに進むことはできません。出来ない理由を「部員が少ないから」や「怪我をしているから」で終わらせたくありません。どうすれば突破できるのかを一人一人が考え、それぞれが意見を出し合いながら前に進みたいと思っています。先輩・後輩・マネージャーの誰もが言いたいことを言い、しっかりと相手の話を聞いていく。個人的には、先輩に対して言葉が荒くなっても全く構わないし、そうやって全員でチームを形作っていけるように、先頭で引っ張っていきます。
新チームのスローガンは、「ひたむきに積み重ねる。そして、勝ち切る。」です。今、僕達がラグビーを出来ていることは決して当たり前のことではありません。常に謙虚な気持ちで、ひたむきに積み重ねていく。そして、支えてくれる大事な人達に「勝ち切る姿」を見せることが感謝を伝える方法だと僕は思います。自分達が楽しむ試合ではなく、勝つことにこだわりたい。そのためには、プレー以外、さらには生活面でも自分を律することが必要だと考えます。規律や礼儀の基本に今一度立ち返り、よりSMARTな同志社高校ラグビー部をお見せ出来るように頑張ります。これからも応援よろしくお願いします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*