日々に感謝

お久しぶりです。本日ブログを担当します、

今年度共同主将の勝部です。

はじめに、ブログの更新が久しぶりになってしまい申し訳ありません。現状としては、34日より始業式を除いて休校が続き、今後の予定も未定となっております。

さて、最近チームで行っている取り組みについて紹介したいと思います。

まず、今日はチームレフリーの方よりルールの講習会を実施して頂きました。初めて聞いた事、知らないと損する知識等沢山教えて頂きました。チーム全員が知らなかった事が少なからずあり、とても勉強になりました。

また、先週よりチームでの週に1回の選手だけのミーティングを実施しています。内容は主にラグビーの知識を深めるものや意思統一、戦術理解を深めるために選手独自で考えてやっているものです。休校が続く中でどうすれば自分たちがレベルアップをできるのかと考えた時にこの結論に至りました。

そして、各自が個人としての自宅でのトレーニングも3月から日々やっています。今はあまり外出できない、ジムにも行けない、器具が使えないという厳しい状況が続いています。しかし、自重トレーニングやランニングを各自で行っています。

このようにして、いつ練習が再開しても前と同じように、またそれ以上の状態でプレーできるよう個人個人がレベルアップできるように取り組んでいます。

この新型コロナウイルスで、当たり前だったことが、実は当たり前ではなかったということに気付かされました。それはみなさんも同じではないでしょうか。今は春季大会や京都府のセブンスも中止となり、モチベーションを保つのが大変な時期でもあります。しかし、このような時期にチーム全員が集まって話すことによって、仲間の為に頑張ろう。チームのために頑張ろう。そう思えるようなチームにしていきたいと思っています。

最後になりましたが、日々御支援頂いているOBOGの皆様、コーチ及びスタッフの皆様、ご飯やパンを提供してくださっている皆様、保護者皆様に代表して感謝申し上げます。日々のサポートが無ければ僕達はグラウンドでラグビーが出来ていないと思います。だからこそ、休校が明けた時、今まで以上に感謝の気持ちを忘れずに結果という形で恩返しできるように頑張ります。そして、これからも変わらぬ応援を宜しくお願い致します。

チームのみんなも今を乗り越えたらまたグラウンドで笑える日が来ると思うので、それを信じて、チームにとってプラスになるように全員が考えて日々トレーニングや取り組みをしていきましょう。

最後までご覧頂きありがとうございました。