Break a Promise

こんにちは(^^)/

今日は全国大会予選の準決勝でした。

vs 桂戦はみんな、かなり気合が入っていて

集合してくるプレーヤーの顔には緊張の色が表れていました。

 

[ メンバー ]

1西口 2谷本 3北村 4舘本 5西村 6田中 7中野 8池内

9木下 10稲垣 11中村 12小栗 13栃岡 14安田 15坂本

 

前半はボールの支配率は高かったのですが、

なかなかトライできない時間が続きます。

前半15分、冷静に状況判断をした9木下が先制トライ。

流れを同志社のままで得点したかったのですが、

前半1本桂に得点を許してしまい、同志社7-5桂で前半終了。

 

[ メンバー交代 ]

5西村out → 17真山in

 

後半開始6分でいい流れを作り、17真山のトライ。

その後はなかなか主導権が握れず、同志社12-19桂で試合終了。

 

IMG_6265

 

新チームが始まっていろんなことがありました。

今日の公式戦初の負け。

今年のチームスローガンである『 MUST WIN 』を守ることができませんでした。

今日の試合について各自、思うことはあるでしょう。

悔しくて試合が終わってからずっと暗い顔をしていた人。

顧問の先生が仰っていたように何も感じなかった人。

この試合はとてもいい試合だったと思います。

試合内容がどうのということではなく、

グラウンド外から見ていただけでも

チーム小栗の良いところと悪いところが分かりました。

個人個人の反省点もあるでしょう。

今回の試合ではその反省をどう活かしていけないかを学べたような気がします。

今までの練習や試合で反省点・改善点があることが分かって

そこを修正していこうという話は何度もあったし、

自分でもそういう自覚はあると思います。

改善するにはどうしたらいいだろう?分からないな。

考えるだけ考えて解決しないまま放置。

私個人の話になりますが、共感できる人もいるのではないでしょうか。

成長するには改善して問題をクリアにしないといけないのは

分かっているけれどできない。

そんな自分を放置していたらいけないと今日痛いほど感じました。

分からなければ相談する。誰かと一緒に考える。

そんな単純なことを面倒くさいと逃げていました。

私たちは今、部員数も少ないです。

その点を活かしてもっとたくさんコミュニケーションを取っていくことが

他のチームにない大きな武器になると思います。

勝負の世界で影での努力は勝者しか表に出ることはありません。

だから勝たなければいけません。

勝ちにこだわる姿勢がすごく強いチームです。

その分、負けたら悔しがります。

そこもチームの長所のひとつです。

今日の経験を、感情を絶対に忘れず

明日から勝つためにできることに取組んでいきましょう。

目指すは京都チャンピオン。

負けてはいけないのではなく、勝たなきゃいけない。

そう考えて春季大会に向けて頑張りましょう。

 

ご覧いただきありがとうございます☆

 

2年マネ 三苫

準決勝 _京都成章高校_

11月8日。

いよいよ私たちにとっての大きな山場で因縁の相手との試合が行われました。

2年間負け続け、京都チャンピオンの座を守り続けている京都成章高等学校。

私たちがこの1年間ターゲットとして意識していたチームです。

 

そんな大切な意味のある試合のため、ヘッドコーチの提案で

15人のメンバーに向けて寄せ書きを朝から作りました!

チームのメンバーだけでなく、OBの皆さん、中学ラグビーの皆さん、保護者の皆さん、

顧問の先生やお世話になっている方々に朝から集まって書いていただきました。

急遽用意したものであったにも関わらず、たくさんのメッセージを頂きまして

本当にありがとうございました!

 

IMG_1760

 

IMG_1753

 

【 メンバー 】

1石田 2谷本 3間宮 4田中 5真山 6山口 7中井 8金子

9木下 10丹羽 11山本 12小栗 13稲垣 14坂本 15松村

 

コンディションは悪かったのですが、アップの時からいい緊張感が保てていて

試合の中でも切らすことなくチャレンジしていましたが、

前半2分、京都成章に先制点を取られてしまいます。

それでも調子を崩さず前半5分、ぺナルティーゴールで同志社も3点を返します。

しかし、京都成章もそこでとどまることなくもう1トライ。

他にも2本トライを許してしまい、同志社3-京都成章26で前半終了。

 

[ メンバー交代 ]

15松村out → 25中田in

 

後半6分またも京都成章がトライ。

 

[ メンバー交代 ]

1石田out → 16西口in

 

前半と同様、その後もなかなか主導権を握ることができず、

同志社3-京都成章50で試合終了。

 

IMG_1761

 

雨で気温も低かったにも関わらず、

たくさんの方が応援に来て下さりました。

体調崩された方などいらっしゃらないでしょうか。

たくさんの声や想いが私たちの大きな自信、力に繋がりました。

本当にありがとうございました。

今日を持ちましてTeam Yukiは引退となります。

この1年間たくさんの応援、差し入れ本当にたくさん頂きました。

少しでもプレーで感動を与えることができたでしょうか?

今年のチームは素晴らしい環境に恵まれ、ここまで成長することができました。

たくさん愛して下さってありがとうございました。

 

そっけない文章となってしまいましたが、ご覧いただきありがとうございました。

 

2年マネ 三苫

 

 

 

準々決勝 _ vs 桂高校 _

こんにちは(^^)/

冷たい風が吹く中、久々に立つ宝が池のグラウンド。

春に試合をした時とはまた別の気持ちを持って集まってきた部員たちは

どこか期待感のある、でもやっぱり緊張した面持ちでした。

 

花園予選2戦目はBKの華やかなプレーが目立つ桂高校。

アップの時からかなりいい緊張感で「あぁ、これが大会なんだ。」

と感じさせられる重々しい雰囲気を漂わせていました。

 

【 メンバー 】

1石田 2谷本 3間宮 4田中 5真山 6山口 7中井 8金子

9木下 10丹羽 11山本 12小栗 13稲垣 14坂本 15松村

 

両チームとも攻守交代でプレーしますが、前半13分、先制トライを許してしまいます。

少しリズムを崩してしまったのかディフェンスに回ることが多く、もう1本桂高校のトライ。

そして前半25分、ペナルティーゴールを決められ、

同志社0-17桂で前半終了。

ハーフタイムも落ちることなく、集中力を保ったままチームトークが繰り広げられていました。

途中からサッカー部の皆さんが応援に来て下さり、

同志社も流れを掴み始めました!

後半スタートしてからも両チーム譲らず、プレーが続いていましたが、

後半14分、5真山のトライ!

 

[ メンバー交代 ]

1石田out → 16西口in

2谷本out → 17大下in

 

そこからもずっと切らすことなく全員が集中し続け、

後半19分、11山本のトライ!

残り約10分という段階で同志社14-桂17とあと1トライ差まで追いつきました。

後半トライを決めていないもののゴールライン近くまで攻めてきていた桂高校。

簡単にトライさせてくれるような状況ではありませんでした。

しかし、同志社も全く諦めておらず、ただ勝ちにいくという

勝利に対する執念深さをプレーヤー全員が見せていました。

そしてノーサイドの笛が鳴るまでもう1分を切っているという時、

同志社に最後のチャンスが舞い込んできます。

誰かがミスするとそこで試合終了という状況の中、

みんながチームを信じ続け、後半30分、7中井のトライ!

逆転勝利です!!!

 

IMG_1431

 

今日はコーチ陣も仰っていたようにどんな状況に陥ろうが、

勝てるとなぜか思える試合でした。

4月、勝つことに対するハングリーさが足りなかったこのチームが

こんなに熱い試合ができることを誰が想像していたでしょうか?

そう感じさせるぐらい1日、1週間、1か月、1年でとても成長しました。

だから、今日の試合は奇跡や運ではなく、

奇跡や運までをも味方に付けることができたチームの実力です。

ですが、冷静に見てみると今日のプレーの中でも反省点は出てくるはずです。

完璧なプレーができなくて、1人のミスをみんなでカバーするのが

チームスポーツの醍醐味ですが、簡単なミスは起らないに限ります。

私も今日、反省点がありました^^;

もっと同志社ラグビーができるように1つ1つみんなで修正していきましょう!

 

そして金城さんも仰っていましたが、自己管を怠らないようにしましょう!

体調を崩したり、咳をしている人が増えています。

自分だけじゃなくてチームメイトに感染させないように

「手洗いうがいマスク」は体調が悪くなくても心掛けるようにしましょう。

 

IMG_1430

来週もこんな笑顔で走れるように

精度の高い、熱い練習をしていきましょう!

 

そして、今日もたくさんの声援、差し入れありがとうございました!

 

来週も今日以上の熱い応援よろしくお願いします<(_ _)>

 

13:00 K.O. @宝が池球技場

vs 京都成章高等学校

 

ご覧いただきありがとうございました☆

2年マネ 三苫

 

 

大会初戦

こんにちは(^^)/

いよいよ京都府予選が始まりました!

風も強く、急激に冷え込んできた日となりましたが、いい試合を見せてくれました。

 

初戦となる今日の対戦校は春季大会の初戦の相手でもあった向陽高校。

【 メンバー 】

1 石田  2 谷本  3 間宮  4 田中  5 真山  6 山口  7 中井  8 金子

9 木下  10 丹羽  11 山本  12 小栗  13 稲垣  14 坂本  15 松村

 

この15人でのスタートとなりましたが、前半1分で11 山本 のトライ!

いい入りができました。

その後も続けて2本4 田中 のトライ!

そして9 木下 のトライが決まります。

 

[ メンバー交代 ]

4 田中 out  → 19 尾崎 in

 

いいプレーは続くのですが、なかなかトライを決められません。

28分の15 松村 のトライで前半終了。

同志社31-向陽0です。

後半が始まり、いい空気で入ることができたからか

そこから3本調子よくトライが決まります。

 

[ メンバー交代 ]

2 谷本 out  → 17 大下 in

3 間宮 out → 18 饗庭 in

9 木下 out → 22 鈴木 in

13 稲垣 out → 20 中原 in

14 坂本 out → 21 前淵 in

15 松村 out → 25 中田in

 

1 石田 out → 24 小谷 in

 

前半と同じく、いいプレーは多いのですが点決められず。

しかし、24分と29分にトライが決まり、試合終了!

同志社62ー向陽0で準々決勝進出が決まりました!

春の時は37-12だった向陽相手にここまで差を開けることができたのは

日々の練習の賜物であります!

今日の試合内容を見ていても練習で改善するために取組んでいたポイントが

きちんとグラウンドで出せていて、勤勉に取組んできた証拠だなと思いました!

ただ、もう少し自分達らしい猛々しい迫力があってもよかったのではないかと思います。

緊張していても自分たちで嫌な空気を断ち切れるようになった少し大人なDRFCですが、

今度はその緊張感を試合でパワーに変えていけるようにチームでまた変化していきましょう!

 

IMG_0864

 

そして今日は試合の後、父母の会の方々が催してくださった決起集会がありました!

みんなでおいしいご飯を頂いて、たくさん話をして、

マネージャーからのメッセージと3年生の大会に向ける意気込み発表、

そして毎回恒例中村ヘッドコーチとのじゃんけん大会で大いに盛り上がり、

次の試合に向けたいい精気を養えたと思います(^v^)

 

最後にコーチとのじゃんけんに見事勝利し、昔のオリンピック日本代表のジャージを手に入れた谷本君の写真です(笑)

 

IMG_0863

 

本日も応援ありがとうございました!

ご覧いただきありがとうございます☆

 

2年マネ 三苫

 見性自覚

こんにちは(^^)/

雨が降るのか降らないのか…という微妙な天気の中、

本日は慶應義塾高等学校との定期戦が行われました!

日本でも有数の伝統ある定期戦。

そして、コーチから「トーナメントの試合だと思って挑め。」とのお言葉もあり、

アップの時からかなりいい緊張感が感じられ、

それぞれが想いを持って今日このグラウンドの芝を踏んだんだと

私も身の引き締まるような、そしてわくわくするような緊張感を持つことができました。

 

8301

 

【 A戦メンバー 】

1 石田  2 谷本  3 間宮  4 田中  5 真山  6 山口  7 中井

8 金子  9 木下  10 丹羽  11 山本 12 小谷  13 稲垣  14 坂本  15 松村

 

前半1本目のトライは慶應に取られてしまいますが、

そこで慶應の流れに乗せられることなく 5 真山 のトライ。

さらに  10 丹羽 がトライするも取り返されてしまい、

同志社12ー14慶應で前半終了。

後半が始まると慶應に2本トライされてしまいます。

しかし、諦めることなく粘り強いプレーを続け、 14 坂本 のトライ。

 

【 メンバー交代 】

1 石田out  →  16 西口in

12 小谷out   →  24 小栗in

 

そこからは慶應、同志社とトライするも同志社24-35慶應で試合終了。

結果こそ負けてしまったものの声も出ていたし、

勝ちたいという思いがひしひしと伝わってくるプレーが多く

成長できた試合になったと思います。

 

8302

 

【 B戦メンバー 】

1 西口  2 尾崎  3 饗庭  4 前淵  5 舘本  6 杉本  7 中原  8 池内

9 鈴木  10 神代  11 中村  12 小栗  13 栃岡  14 安田  15 中田

 

試合開始すぐに慶應にトライされてしまいます。

Bチームはそこから慶應の空気に飲まれてしまいます。

同志社0-35慶應で前半終了。

 

【 メンバー交代 】

1 西口out  →  16 北村in

6 杉本out  →  19 岡橋in

7 中原out  →  20 西村in

9 鈴木out  →  10 神代in

10 神代out  →  22 小谷in

 

後半かなり粘りますがなかなか主導権を持つことができず、

慶應にトライされて、またそこから流れを逃してしまい

同志社0-63慶應で試合終了です。

 

決していいプレーがなかったというわけではないのですが、

失礼ながら私の目から見ると技術面というより

メンタル面の弱さが出てしまった試合になったかなと思います。

下を向いている人が増えたり、誰も声を出さない時間が増えたり…。

マネージャーとして試合を頑張っている部員には気を散らしてしまわぬよう

あまり声はかけないようにしているのですが、

今日は思わず「同志社、コミュニケーション!」と言ってしまいそうでした。

 

8303

 

といっても過去を振り返る時間ももう残されていません。

今日のことはチームで振り返るのではなく、

自分で自分を見つめ直して個人練習の時間を有意義に使っていきましょう。

私も決まった部分のテーピングに偏ってきてしまっているので

違う場所の練習も重ねていきたいと思います(笑)

 

そして、試合後のアフターマッチファンクション!

少しずつわいわいしているテーブルが増えている感じでしたが、

楽しそうに話している姿はやっぱりまだまだ高校生だなと思いました(笑)

花園の舞台でまた戦える日を楽しみにしています。

 

8304

 

今日の四字熟語は「 見性自覚 」です。

読み : けんしょうじかく

意味 : 自分の中にずっとある心を自覚すること。

練習する時、試合の時。

いろんなシーンでラグビーと向きあう時、不安や興奮、緊張や期待。

いろんな感情が渦巻く中で自分の心を整理する。

グラウンドに立つためにこの作業が必要な人がいるかもしれません。

それがなかなかうまくいかなくて嫌な気分のままプレーすると

やはり思うままに体は動きません。

いいプレーを引き出すため耳のツボを刺激するのと同じように

自分の心の核心部分をほぐしてあげるのも大切です。

そのためには日頃から自分に素直に向き合ってみることが大切です。

いい具合に自分を開放してあげる。

難しいかもしれませんが、例えば小さいわがままを貫いてみるなど

日頃から自分の本当の姿を認めてあげる練習をしてみてください(^-^)

 

ご覧いただきありがとうございます☆

 

2年マネ 三苫

 

不器用が武器

 

こんにちは!本日担当する鍵です。

 

今日は宝ヶ池球技場にて春季大会の準々決勝が行われました。

vs京都外大西高等学校

メンバー

1石田 2谷本 3間宮 4田中 5真山  6前淵 7山口 8金子 9木下 10神代 11小栗 12中井 13栃岡 14坂本 15松村

16北村 17中野 18尾崎 19杉本 20舘本 21丹羽 22池内 23小谷 24中村 25中田

image
imageスコアは 前半戦

同志社12-0外大西

メンバー交代なし

 

後半戦

同志社14-0外大西

メンバー交代

1石田→16北村

6前淵→20舘本

15松村→25中田

合計同志社26-0外大西という結果に終わりました。

点数だけみるとそんなにじゃない?っ

て思われた方いるかもしれません。

でも、ラインアウトで相手からボールを取った上にセットも素早くできたり、ゴールラインギリギリでも粘り強いディフェンスで相手のトライを防いだり、と何度もいいシーンがあり無失点に終えることができました。

 

点数だけではわからない、私達のよさが今日の試合にはあったと思います!

 

 

私達は不器用だと思います。

不器用さんが多くて、コミュニケーションが上手くいってなかったり、トップで目にするような綺麗なプレーも中々できません。

でも不器用でも、全力で、泥だらけで声出して60分間ずっと挑み続けている姿を見ると私はかっこいいし応援したくなるなって思います。

そう思う方も少なくないんじゃないかなと私は思います。

なのでそんな不器用な私ですが暖かい目で見守って、応援して頂きたいです。

 

常にチャレンジャーであることを忘れずに。がむしゃらに。闘い続けます!

 

そして成章戦に向けいい準備をし、いい雰囲氣で一週間過ごしていこうと思います。

 

ご覧頂きありがとうございました。

 

 

 

決勝戦

 

今日は先週同様の宝ヶ池球技場にて決勝戦が行われました。

相手は京都成章高等学校。

 

メンバー

1大林2豊山3真山4京5真山6江口7中井8中村(拓)9木下10白須11山本12倉内13古賀14辻本15安田(卓)

 

リザーブメンバー

16金子17大下18石田19田中20山口21稲垣22小栗23小谷24下釜25中田

 

S__45433029

 

前半開始後、中々トライがきまらない中

17分、先制点を取ったのは京都成章。

その後前半戦は24分に再度京都成章にトライを許したまま終了。

この時点でのスコアは京都成章 12-0 同志社です。

 

S__45433030

 

後半戦、何度かゴール前まで攻められますがなんとか死守し、

ラスト2分、1 大林のボールを15 安田(卓)が繋ぎトライをきめます。

 

ロスタイム2分、京都成章陣を攻めますが得点には繋がらないまま試合終了。

 

京都成章 12-5 同志社。

S__45433033

 

今日の試合では同志社生や同志社のOB、OG、他校のラガーマンなどで

今までに見たことのないような人数が観客席を埋めていました。

 

ゲーム中の皆さんの声援など熱い思いが

彼らの頑張ろうという気持ちを

更に向上させてくれ、結果は敗退となってしまいましたが

今日の試合の選手たちの熱いプレーを作り上げたのだと思います。

 

お忙しい中わざわざ会場まで観戦してくださった皆様、応援してくださった皆様、

本当にありがとうございました!

 

今日で私達3年生の高校ラグビー生活が幕を閉じました。

ですが、今回の準優勝を獲得するまでに経験したことを

次は2年生、1年生が新しい同志社高校ラグビーチームの糧にして

来年花園に出場するための踏み台にしてもらおうと思います。

 

いつもならこれを締めにするところなのですが、

今日は少し私の今思っている思いを綴らさせてもらいたいと思います。

 

今までの2年半、

始めは元々知り合い程度の仲だった選手とマネージャーとの間に壁を感じ

それが練習や試合を重ねて一緒にいる時間と比例して徐々に薄くなり始め

喧嘩したり、ふざけ合ったり、叱ったり、叱られたり、、

そうしていく内に壁なんかはいつの間にか消え去って、

”家族”と思えるような素敵な仲間に代わっていきました。

 

3年生、マネージャーはもちろん2年生、1年生も私にとっては家族のように大切で

心から大好きで、どんな時でも助けたい、支えたい存在です。

 

又、ラグビー部は

私自身のマイナスなところやプラスなところを見つけられた場所でもあります。

 

ラグビー部に入ったおかげで今の私があるんだと、綺麗事じゃなくて素直にそう思います。

 

そんな同志社高校ラグビー部を私達は今日引退しました。

もう、3年生の世界一かっこいい背中やあのメンバーでの力強いラグビーをしている姿が

もう二度と見られないのは本当に悔しくて悲しいです。

 

今日の試合でどれだけ自分が彼らのことが好きなのか実感させられました。

年末年始だと予定していた引退、皆といられると思っていた時間が

こんなに早く来てしまったことが本当に悲しいです。

 

これから皆バラバラの道に進んでいくことになると思いますが

この絆は宝物にして一生守り続けます。

S__45433045

 

今までありがとうございました。

数本

京都チャンピオンに向けて

今日は5年ぶりといわれる秋季大会準決勝戦でした。

相手は桂高等学校。

 

朝から強く降っていた雨も止み、曇った空と肌寒い気温の中での試合となりました。

 

S__44605645

メンバー

1大林2豊山3間宮4京5真山6江口7中井8中村(拓)9木下10白須11山本12倉内13古賀14辻本15安田(卓)

 

リザーブメンバー

16金子17大下18石田19田中20山口21稲垣22小栗23小谷24下釜25中田

 

試合開始直後、早速桂高校にトライを許してしまい、

その後11 山本が返すも再びトライを決められます。

 

夏までの同志社ならこのまま相手の流れに乗せられていたかもしれませんが、

その後15 安田(卓)が1トライ、10 白須が2トライ、14辻本が1トライと大きく逆転して前半戦終了。

 

スコアは桂高校 14-33 同志社。

S__44605639

 

後半戦は先制点は13 古賀が決め、11 山本もトライしますが

2トライ許してしまい、桂 26-59 同志社で試合終了!

 

S__44605635

 

表彰から戻ってきたときの選手、コーチ、マネージャーの表情が忘れられません。

S__44605640

 

その後、それぞれアイシング片付けをしているところへ取材の記者さんたちが!

S__44605641

今まで見たことのない光景に、京都チャンピオンに徐々に近づいていることを実感しました。

 

明日から来週の21年ぶりの決勝戦、

成章との試合に向けた練習が始まります。

 

今日の桂高校との試合で学んだことを踏まえつつ、更に京都チャンピオンに向けて前進していきます!

 

ご覧頂きありがとうございました。

数本

伏見工業高校に勝利!

 

今日は宝ヶ池球技場にて秋季大会2回戦が行われました。

同志社高校の相手は伏見工業高校。

 

朝から天気が悪く心配していたのですが、試合が始まる数時間前から止み、

曇りの中での試合でした。

 

S__43835692

メンバー

1大林2豊山3間宮4田原5真山6江口7中井8中村(拓)9木下10白須11山本12倉内13古賀14辻本15安田(卓)

 

リザーブメンバー

16石田17木下18田中19京20山口21稲垣22矢野23小谷24下釜25中田

 

開始6分、伏見工業が先制点を取ります。

その後同志社のモールでのトライ、5 真山とトライが重なりますが

伏見工業が再びトライ。

前半戦はその後11 山本、15 安田(卓)がきめてくれ、伏見工業 17-28 同志社で終了します。

 

後半戦は再び5 真山がトライするも1トライ返されます。

ここでメンバー交代。

4 田原out→19 京in

この後、再度トライ返されますが

その後持ちこたえたままペナルティキックで3点加算されたところで試合終了。

 

スコアは伏見工業 29-38 同志社でした。

S__43835694

 

試合前、試合中ハプニングがありながらも決して弱気にならず

最後まで全身全霊で戦ってくれた皆は本当にかっこ良かったです!!

S__43835695

 

来週は桂高校との試合。

先週の試合で戦った向陽、今日戦った伏見の思いを受け継いで臨みます!

S__43835693

 

ご覧頂きありがとうございました!

数本

VS慶應義塾高校

 

昨日は神奈川遠征の本番。

定期試合 VS慶應義塾戦でした!

早朝ホテル付近の空き地で軽くUPをしました。

IMG_2671

 

9時頃に慶應義塾高校に到着。

 

まずは開会式。去年優勝を納めた慶應義塾高校から盾の返還。

 

 

Aメンバー
1大林2豊山3間宮4京5真山6江口7中井8中村(拓)9木下10白須11稲垣12倉内13小栗14矢野15山本 16金子17大下18北村19田中20山口21辻本22丹羽23小谷24中村(幸)25下釜

 

涼しい気候の中での試合でした。

 

開始早々2分、慶應義塾高校に先制点を取られます。

そこから慶應義塾が4トライ、同志社は無得点で前半戦が終了します。

IMG_2736

 

後半開始7分、メンバー交代

13小栗out→21辻本

開始8分。同志社 14矢野がトライ!

 

その後逆転の流れが感じられましたが叶わず

慶應義塾 69-5 同志社と大差での敗北でした。

 

Bメンバー
1金子2大下3北村4前淵5田中6尾崎7中原8山口9辻本10丹羽11中村(幸)12小谷13鈴木14下釜15中田16石田17中野18饗庭19岡橋20杉本21安田(遼)22間宮23稲垣24小栗

 

前半戦開始5分、こちらも慶應義塾高校の先制点。

19分同志社のメンバー交代。

3北村out→22間宮in

その後終了1分前に再び慶應義塾高校のトライで前半戦終了でした。

 

後半戦メンバー交代

7中原out→9辻本in

9辻本out→23稲垣in

13鈴木out→24小栗in

 

開始早々、慶應義塾高校がトライ。

しかし9分、同志社5 田中からパスを受け取り、

同志社 8山口がトライをきめます!

 

そしてメンバー交代。

6尾崎out→20杉本in

その後3トライ許しますが、試合終了直前に同志社 16石田がトライ!

 

結果は慶應義塾 36-14 同志社でした。

IMG_2737 IMG_2738

途中、15 中田のタックルなど見所一杯の試合となりました。

 

 

試合終了後、マネージャー含め各自岩倉に戻ってから

何を取り組むのか考えながらafter much fanctionに向かいました。

 

after much fanctionが始まると気持ちを切り替えて、

慶應義塾高校のラグビー部の皆さんとの交流を楽しんでいました。

 

2日間という一見短い時間でしたが、

選手、マネージャー共々反省点や課題を沢山見つけられた密度の濃い遠征を過ごすことができました。

 

ご覧頂きありがとうございました。

数本