vs 成章

こんにちは!

本日ブログ担当の3年MG平岡です!

 

今日、全国大会予選準々決勝、成章高校との試合が宝ヶ池グラウンドで行われました。

昨日まで予報は雨だったはずが、太陽が照りつけ、最高のラグビー日和な一日となりました。

 

メンバー

1藤井 2多田(龍) 3前田 4大岩 5平本 6野村(龍) 7王本 8土藏(万) 9平井 10清水 11田中(太) 12笠原 13西村 14田中(大) 15木村

 

前半戦がスタート

 

前半5分、ペナルティーキックを選択し、見事に12笠原が決めます。

得点は同志社3-0成章となります。

 

ディフェンスの時間が続き、粘り強く激しい成章ラグビーに苦しめられながらも一人一人が体を張り、試合はなかなか展開しませんでした。

しかし、前半22分にトライを決められ

そこから流れを掴まれてしまい、25分、31分と立て続けにトライを決められてしまいます。

 

前半戦が終了し、後半戦がスタート

 

後半戦でも流れを変えることはできず、成章が繰り出すラグビーにとにかく必死に食らいつく、そんなゲーム内容でした。

 

メンバー交代

2多田(龍)out→17西田in

11田中(大)out→24澤田in

1藤井out→16青山in

3前田out→18森坂in

 

後半2分、13分、16分、18分、とトライを取られ、

最終スコア同志社3-43成章となり、ノーサイド、試合終了となります。

 

私たち三年生はこの試合をもって同志社高校ラグビー部を引退しました。

このメンバーで過ごす毎日に幕を閉じました。

 

この日がくるまで、本当に一瞬でした。

もし引退が決まったら、号泣してひどい顔になるんだろうなと思っていましたが、

試合終了の合図である笛が鳴り響いた時、私の目には涙はありませんでした。

不思議でした。

むしろ清々しい気持ちで、選手のみんなと一緒にグラウンドに挨拶をし、いつも通りやる事をこなして控室に戻りました。

周りを見渡してみても、涙を流している人はいませんでした。

強がっているだけなのかな?とも考えましたが、みんなからそうには見えない何かを感じました。

 

やりきったんだと思います。

今、このチームが全力で力を合わして成章を相手に出来ること、全てをやり尽くして、一人一人が身を捧げて戦った結果がこの結果だった、ということです。

このチームには笑顔が一番、涙なんて要らないんです。

 

そしてやっぱり成章は強かった。

私たち同志社は、怪我人もゼロでフルメンバーの最高の状態でこの試合を迎えました。

けれど、1トライもさせてくれませんでした。

強い、その一言に尽きます。

 

けれど、この成章を相手に、やれることはやった、やり尽くした!と言い合える、そして試合後いつものように笑顔で他愛もない話をしながら着替え、差し入れを頬張る、そんな仲間がいること。

本当に幸せだと思います。

 

切磋琢磨して今まで練習をしてきました。

真夏の溶けそうな暑さの日にも、雪の積もった凍えそうな日にも、テスト期間で周りの人達がオフの中でも、毎日毎日顔を合わせて、日が暮れ夜になるまで一緒にいた、仲間たち。

上手くいかない時には、ひどいことも言い合った。

きついメニューの時には、お互いを励まし高めあった。

 

そんな仲間と一緒にこの3年間を過ごせたことは、本当に幸せで、一生の宝物だと思います。

 

私たちマネージャーにとっても、同じです。

チーム海音で最後の1年間を、

そして3年間この同期のみんなと一緒に毎日を過ごせて幸せでした。

可愛い後輩、そして尊敬できる先輩や大人にも出会えたこの場所。

私の青春はラグビー部でした。

 

選手のみんなへ

沢山の景色を見せてくれてありがとう。

沢山の気持ちを味わせてくれてありがとう。

 

とくにこの三年生には

NZに行くという決意をし、高校を辞めて今NZにいる滉平、受験のため、自分の夢のためにラグビー部を離れる事を決めた奈須

サッカー部からラグビー部に高1の途中から入ってきた伝説の大智

と、減って増えてと本当に個性あふれるメンバーです(笑)

 

滉平はNZから応援し、グループにもメッセージをくれました。

奈須くんは時間を割いて、試合のサポートに来てくれました。

みんなこのチームが本当に大好きなんだなと思います。

サポートも応援も、チームに充分貢献できていると、私は思います!

滉平、奈須くん、ありがとう!

 

マネージャーというポジションは、みんなを支える立場だけれど、逆に、みんなに沢山支えてもらいました。

思い出すもの全てがキラキラしたものではないし、悩む時も、辛くて苦しい時もあった。

けれど、みんなと一緒にいると何故か気持ちが軽くなって、心の底から笑えました。

みんなのおかげで、毎日が楽しかった。

もうこのメンバーで集まることが、難しいことになるんだなと思うと、今さらながら泣きそうです。

 

そう思える仲間に出会えて幸せです。

マネージャーというポジションで私を迎え入れてくれたこのチームに感謝です。

みんな、今まで本当にありがとう!

 

これからどういう進路を進むのか、人それぞれだと思います。

引退してしまったので、これからはマネージャーとしてではなく、一歩離れた観客という立場になりますが、みんなの事をいつまでも応援しています!

みんなが大好きです!沢山沢山感謝しています!

 

そして、わざわざグラウンドに足を運んでこの試合を応援しにきてくださった親御さん、友達、先生方、OBの皆さん、

Twitterでの中継を見ながら応援してくださった皆さん、

沢山の応援、しっかりと伝わっていました。

間違いなく、私たちの力になりました。

本当にありがとうございました。

 

差し入れも、本当に嬉しかったです。

友達がくれるジュース一本、お菓子1つが本当に嬉しかった。

涙が出そうになりました。

 

これだけの人たちがラグビー部のために時間を割いて応援しに来てくれる。

どれだけ幸せなことか、と思います。

 

それだけ愛されているラグビー部だったということだと思います。

本当に本当に、素晴らしく力強い、沢山の応援をありがとうございました。

 

そして今日、私達の思いを託した成章のみなさん。

思いを背負って、全国出場を決め、そして全国で暴れてほしいです。

応援しています。頑張ってください!期待しています!

 

592938DB-BD2C-437A-90FE-CA25361F9891

 

これが私の最後のブログになります。

3年間拙い文章を読んでくださった皆さん、ありがとうございました。

 

これからも同志社高校ラグビー部を、どうぞ宜しくお願い致します。

ご覧いただきありがとうございました!

今までありがとうございました。

セブンス 2日目

こんにちは!

本日ブログ担当の3年MG平岡です!

 

今日はセブンス大会の2日目が宝ヶ池球技場にて行われました。

 

vs京都外大西

メンバー(着用ジャージの番号)

7西村 2笠原 13土藏(万) 18野村(龍) 9清水 22木村 17平本

 

トライは取られたものの、良いテンポで試合展開を作ることができ、流れの良い試合でした。

最終スコア 同志社33-12京都外大西 で試合終了となります。

 

無事勝ち進むことができ、2試合目

vs向陽

メンバー(着用ジャージの番号)

23土藏(優) 14田中(太) 12楠見 24野村(大) 25澤田 10岩下 4大岩

 

少し苦しい時間はあったものの、しっかりと取るところは取りきって、得点に繋ぐことができました。

また、1年生の公式戦での活躍も見ることができ、とても嬉しかったです。

最終スコア 同志社19-7向陽 で試合終了となります。

 

また、無事勝ち進むことができ、決勝を迎えます。

vs京都工学院

メンバー(着用ジャージの番号)

7西村 2笠原 13土藏(万) 18野村(龍) 9清水 22木村 17平本

 

この決勝の試合の前に、成章 対 工学院の試合が行われ、工学院が勝ち進み、決勝進出を決めました。

どんな相手が来ても自分達のラグビーができるよう、万全の準備をしてきたからこそ、工学院が勝ち進んだという結果を前に、

新人戦、そして春季大会が思い出され、みんなの緊張感がより高まったように感じました。

新チームになってからの工学院との戦績は1勝1敗。

絶対に勝ちたい、やり返したい

そう心の中から思いました。

きっとメンバー全員も同じ気持ちだったと思います。

 

試合が始まる直前に、今まで保っていた天候が悪くなり、コンディションの悪い中試合開始となりました。

緊張感と比例して不安も大きくなりました。

 

前半戦がスタート。

最初から同志社が流れを掴み、やはり雨の影響でいつものパフォーマンスが出来ない部分もありましたが、同志社らしいゲーム展開を見せます。

笠原による2トライを決め、

同志社 10-0 京都工学院

で折り返します。

 

メンバー交代

22木村out → 11田中(大)in

 

後半戦がスタート。

ディフェンスが続くかなり辛い時間が続きました。

後半3分、工学院にトライを奪われます。

粘りのディフェンスを見せますが、なかなか自分達のゲームメイクが難しい状況が続きます。

そんな中、後半6分、もう1本を取られてしまいます。

ブザーが鳴り響き、ラストワンプレー。

マイボールになり、粘りのプレーを見せましたが、取りきれずノーサイド。

最終スコア 同志社10-12京都工学院 となり試合終了です。

 

本当に本当に悔しかった。

これほど悔しい気持ちになったのは久しぶりでした。

プレーをしていたメンバーはこの何百倍、何千倍と悔しい気持ちを感じていると思います。

 

試合後の円陣での、コーチからの言葉が印象的でした。

「トライの数で言うと2トライと2トライ。

五分五分だから、15人制になった時、残りの8人が加わって、それを超えていかなければ工学院には勝てない。この負けをチーム全員で自覚しよう、そして絶対リベンジを果たそう。」

この試合を通して、この負けを通して、私達は確実に何かを得ました。

試合に出ていたメンバーにも、ベンチで応援していたメンバーにも、客席で応援していたメンバーにも、心に何かしら響くものがあったと思います。

負けたからこそ強くなれる、そう信じています。

この大会が最後じゃない、またリベンジの機会が与えられているんだという事をしっかりと自覚し、そして幸せに思いたいと思います。

これからまたトレーニングと練習を積んで、必ず秋にリベンジを果たしたいと思います。

 

大好きなみんなと、ラグビーを通してもっと一緒にいれるように、これからもサポートしていきます!

 

沢山の応援をありがとうございました。

皆様の応援が本当に力です。

これからも同志社高校ラグビー部を宜しくお願いします。

 

ご覧いただきありがとうございました!

準々決勝 vs京都工学院

こんにちは!

本日ブログ担当の3年MG平岡です!

 

太陽が丘のグラウンドにて、春季大会準々決勝が行われました。

 

vs京都工学院

メンバー

1大岩 2多田(龍) 3前田 4野村 5平本 6王本 7奈須 8土藏(万) 9清水 10笠原 11平井 12西村 13木村 14田中(太) 15澤田

 

前半戦がスタート。

両チーム共に攻防を重ね、一歩も譲らない苦しい時間が続きます。

同志社はチャンスを何度か掴むも、得点に繋ぐことはできませんでした。

そして前半16分、工学院のトライが決まります。

チャンスを逃したことで流れが変わり、

立て続けに22分、30分、とトライを決められてしまいます。

前半スコア 同志社0-19京都工学院 で折り返します。

 

ハーフタイムでは沢山の声が聞こえました。

「苦しい時こそ笑顔」

新人戦、vs京都工学院の試合で大事にした事。

そんなワードが飛び交っていました。

きっと後半でみんなは流れを変えてくれる、そう確信したし、信じていました。

 

後半戦がスタート。

工学院の攻めるプレー、緊張感のあるディフェンスは私たちにとって苦しいものでした。

そんな中、工学院は後半8分にショット、13分にトライを決めます。

 

4トライ、そして全てキックが成功すれば逆転。まだ時間はある。

チーム全員が勝利を見据えてプレーしていたことは確かです。

 

苦しい時間は終わらず続きましたが、

18分、同志社がトライを決めます。

FW、BK両方のナイスプレーがこのトライを生みました。

 

もうトライは許せない、絶対勝つんだという気持ちがあったからこその粘りのディフェンスを、みんなは見せてくれました。

そして26分、再び同志社がトライを決めます。

 

キックは全て成功していました。

あと2トライ、絶対に追いつける、最後まで諦めるな

ウォーターを運んだ時、そんな言葉が聞こえてきました。

 

しかし、ノータイムを迎え、

最終スコア 同志社 14-27 京都工学院

試合終了となります。

 

最後の最後のまで、みんなのパフォーマンスは精度が高く粘り強いものでした。

けれど、結果は負け。京都工学院の勝ちです。

京都工学院には私達よりも上回っているものがあった。だからこその結果です。

 

FWのセットプレーが大事になってくる試合だと分かっていました。

その為にユニット練習ではコーチの指導のもと、スクラムやラインアウト、そしてモール、と沢山の練習を積み重ねてきました。

FWの為に、苦しい場面を作らない為に、全員がノーペナルティを意識して試合を作ろう

そうミーティングで決まってから、大事なキーワードとして意識して練習を積み重ねてきました。

 

けれど、そう上手くはいかないゲーム展開となりました。

完敗は完敗だけれど、勝つことが出来た試合だったと、私はそう思います。

 

FW、BKに怪我人が出てしまい、合わせで上手くいかない事も沢山ありました。

ポジションが変わって、いつもより大きい不安を抱えた選手もいたと思います。

 

そんなチームの状況の中で行われた試合。

この負けは必ずチームを強くすると確信しています。

課題がはっきり見えた試合。この負けがあったからこそこのチームはもっと大きく強くなっていく、秋にリベンジをかけて勝利する為にある負けだ

 

試合後の円陣でかけられた、印象的だったコーチの言葉です。

 

きっとそういう事なんだと思います。

やるべきことが見えた、

だからこそ、これからある全ての公式戦、練習試合、合宿や遠征での意識付けをどれだけできるか、それが秋の結果に繋がると思います。

 

成長して強くなって、リベンジを必ず果たしたいと思います。

 

私が最高学年になってから、これだけ悔しい思いをしたのは初めてです。

1つ1つが最後のものになる学年。

この春の大会も、私たち3年生からすると、経験できる最後のものでした。

今日工学院に敗れ、同志社はこの大会から去ることとなります。

そう思うと、悔しくて辛いです。

 

けれど、この負けは沢山の意味を持っていて、自分たちが強くなれるきっかけだということを忘れずに

この気持ちを大切にしていきたいなと思います。

 

97202177-EF93-4F09-ABCE-4AF4F2BA6639

今日は暑い中、沢山の応援をありがとうございました。

皆様の応援があるからこそ、私たちは成長することができます。

これからも、同志社高校ラグビー部を宜しくお願いします。

 

ご覧いただきありがとうございました!

ありがとう

こんにちは!

本日ブログ担当の2年MG平岡です!

 

本日は全国大会京都府予選の準々決勝、桂戦が行われました。

 

3D78697B-96EE-4551-8DA9-F8B21E05B493

 

メンバー
1西口 2谷本 3舘本 4西村(吉) 5平本 6野村(龍) 7平本 8池内 9清水 10西村(海) 11坂本 12神代 13木村 14田中 15澤田

 

前半戦がスタート。

 

前半4分、桂に先制トライを奪われます。

しかし、同志社も雰囲気を落とす事なく、攻め続けます。

そんな中、前半12分、13木村のトライ!

キックも成功し、同志社7-7桂の同点となります。

そこから両者一歩も譲らず同点のまま、後半へ折り返します。

 

メンバー交代
4西村(吉)out → 19土藏in
7平井out → 21松村in

 

後半戦がスタート。

 

大雨というコンディション上で、上手くいかない事も多い中、後半も互角の戦いをみせます。

しかし、後半12分、桂にトライを許し、得点は同志社 7-14 桂 となります。

 

メンバー交代
6野村(龍)out → 22栃岡in

 

後半21分、桂がPGを決め、点差は広がります。

同志社は攻め続けますが、突破できず、

最終スコア 同志社 7-17 桂

試合終了となります。

 

宝ヶ池で伏工に敗れ、チームの想いを託したあの日、2016年10月29日からちょうど1年。

2017年10月29日、桂戦。

TEAM西口にとって、とても大切な試合でした。

最後のREGAINを達成する為、絶対に超えなければいけない山場でした。

 

試合開始前、緊張した面持ちの選手を前に、

今まで積み重ねてきたこと、そしてみんなを信じる気持ちをしっかり持って、グラウンドに送り出しました。

グラウンドに一礼して入っていく選手の後ろ姿を見ながら、大丈夫、きっと来週、宝ヶ池へ全員で行こうね。と心の中で呟きました。

 

今日の試合は、TEAM西口が発足してから、1年間ずっとずっと練習してきた同志社高校のグラウンドで行われました。

このグラウンドの上で色々な事がありました。

ほぼ毎日、仲間と顔を合わせて、練習をして、チームメイトと喧嘩をして、張り合って、笑って泣いて汗をかいて、練習試合も何度もしました。

厳しい暑さの中の厳しい練習でバテそうになった時も、積もった雪で練習ができず雪かきで1日の練習を終えた時も、全部このグラウンドです。

だからこそ、今日の試合はより特別でした。

絶対に譲れない、チーム全員にその気持ちがあったことは確かです。

 

勝負の世界のルール、負けたらそこで終わり。

私たちも負ければそこで終了です。

 

正直、負けるなんて思ってもいなかった。

当たり前のように、先輩たちとまだ一緒にいられると思ってた。

 

ホームグラウンドで、慣れた場所だといっても

台風も近づいていて、大雨の中風も吹き、極寒という最悪とも言えるコンディションでした。

上手くいかないこと、思い通りにならないこと、試合中、沢山起こりました。

けれど、台風というコンディションも、起こってしまったミスも、全部合わせて今日の結果です。

負けは負け。

勝負の世界はそういうルールなのです。

 

もう次はないんだと、そんな事を言われても信じられるわけがない。

どうして負けなくちゃいけないの。

まだこのチームで一緒にいたい。テーピングだってもっと気持ちを込めて巻けばよかった。特別な気持ちを持って昨日の練習も過ごせばよかった。みんなのかっこいい姿、もっともっと目に焼き付けておけばよかった。

 

そうやって、沢山後悔が出てきました。

 

こんな後悔、今更です。

けれど悔しい気持ちが溢れ出して、余りにもあっけなくて、未だに受け入れられていない自分がいます。

 

今の3年生の存在は大きかった。

プレーヤーとマネージャー合わせて10人という少ない人数だけれど、一人一人全員が、チームにとっても私にとっても大事な存在でした。

特に笑后マネは本当に特別です。

ラグビー部のマネージャーとしても、一人の人間としても、心から尊敬できる先輩と呼べる人は私の17年間の人生の中でたった一人笑后さんだけです。

2年弱、ほぼ毎日一緒に過ごしてきました。

思い出は言っても言っても言い切れません。

毎日毎日顔を合わせているのにも関わらず、オフの日も一緒に遊びにいったり、朝意味もなく早く学校へ来て、部室でお喋りしたり、定期テストの勉強も一緒にしたり、他愛もない事で笑ってふざけあったり、お互いの秘密も知っている仲なんて、他にはないです。

笑后さんと私がすぐ感情的になってしまうから、よく些細なことで喧嘩もしました。

そんな時、いつも仲介役は千種マネです。

そんな、バランスの取れた最高のマネ3人だったんです。

楽しい時も辛い時も、いつも隣には、必ず笑后さんがいました。

 

プレーヤーの9人の先輩方にも、

こんな生意気な後輩なのに沢山可愛がってもらいました。沢山優しくしてもらいました。

本当に大好きな学年です。

そんな人達が引退だなんて、もう一緒に毎日を過ごせないなんて想像もできないです。

 

けれど、今日、60分間という今まで過ごしてきた時間を思えば本当に短い時間をグラウンドに立ち、戦うみんなは格別に格好良かった。

特に3年生からは強いものを感じました。

チームの為に体を張って、ボールに食らいつく姿は、間違いなく観客を魅了させました。

そんな選手たちを前に、ノーサイドの笛が鳴り響いた瞬間、涙が止まりませんでした。

 

結果がどうであれ、今日の試合が同志社高校ラグビー部TEAM西口の集大成でした。

彼らは最高のラグビーを魅せてくれました。

今日を持って、TEAM西口は引退となります。

 

大雨の中、沢山のご声援、本当にありがとうございました。
沢山の応援の声や想いは、私たちの力に繋がりました。

ちゃんと彼らにも聴こえていたはずです。
素晴らしい仲間に囲まれ、素晴らしい環境に恵まれ、TEAM西口は大きく成長することができました。

同志社高校ラグビー部を応援してくださった全ての方々に感謝です。

本当にありがとうございました。

 

AC0ACE82-58D9-4C26-8C9B-8200ADE4C00F

 

TEAM西口が大好きです。

いつでも、このグラウンドで待っています!

そして先輩たちの想いを胸に、新チームで必ずリベンジを果たします。

それぞれ全員がこれからも沢山の場で活躍しますように。

 

長文失礼しました。

ご覧いただきありがとうございます!

全国大会予選 vs洛水高校

こんにちは!
本日ブログ担当の藤田です。

 

今日は太陽が丘にて全国大会予選 vs洛水高校が
行われました!

 

ついに始まった全国大会予選、
初戦という事でみんな緊張しているかな?と思っていたのですが、
すごく落ち着いていました(笑)

A8C7549A-1993-44AC-83AE-705672887C4F
○メンバー
1西口2谷本3舘本4西村(吉)5平本6野村(龍)7平井8池内9清水10西村(海)11坂本12木村13王本14田中15澤田

 

前半3分に14田中がトライを奪うと、その流れに乗り前半はテンポよくバックスの選手がトライを重ねて行き、7本のトライを決める事ができました!

 

同志社41-0洛水 で折り返します。

 
○メンバー交代
4西村(吉)out→19土蔵in
7平井out→23松村in
9清水out→21神代in

 

後半戦、開始2分23松村がトライを決めると前半戦のテンポを落とす事なく7本のトライを決め、
同志社82-0洛水 というスコアで勝利を収める事ができました!

 
まずは初戦を良い形スタートする事ができましたが、今週の日曜日には桂高校戦が控えています。
今日はしっかりとリカバリーをして、
明日から残りの4日間で勝つ為の準備をして行きましょう!

 

桂高校戦は厳しい戦いになると思います。
皆さんの応援が選手達の力になるので、引き続き応援よろしくお願いします!

 
次の試合予定です!

vs桂高校 15:20K.O.
@同志社高校 南グラウンド

 

ご覧頂きありがとうございました。

セブンズ1日目

こんにちは!

 

本日ブログ担当の藤田です。

 

今日は太陽が丘球技場にてセブンズの試合を行いました!

IMG_4487
1回戦、vs立命館宇治高校では、
何度かトライをとられてしまうものの
最後まで流れを相手に渡すことなく、
同志社27-14立命館宇治で勝利を収める事ができました!

 

 

2回戦、vs洛北高校。
前半良いムードで入る事ができ5点リードで折り返しますが、気がつけば洛北リードの苦しい状況となっていました。
しかし、後半6分最後に逆転トライを取る事に成功し同志社26-21洛北で勝利する事ができました!

 

洛北高校には春季大会のときに負けてしまい、
みんな悔しい思いをしていたので15人制、7人制と形は違いますが、勝利を収める事ができとても嬉しかったです(^^)

 

明日は、順調に勝ち進めることができれば準決勝、決勝とどんどん強い相手と試合をする事になると思います。

 

体の疲れを残さないようにしっかりと体を休め、
明日の試合に備えるようにしてください!

 
最後に明日の詳細です!

 

6/11(日)@宝ヶ池球技場

vs東山高校 12:00K.O.
vs未定(準決勝) 13:20K.O.
vs未定(決勝) 15:00K.O.

 

熱い応援よろしくお願いします!

 

ご覧頂きありがとうございました。

vs福知山高校

こんにちは!
本日ブログ担当の藤田です。

 

今日は春季大会初戦、
vs福知山高校が太陽が丘球技場第2グラウンドにて行われました!

IMG_4135

メンバー
1西口2谷本3舘本4土藏5平本6野村(龍)7奈須8池内9神代10岩下11澤田12木村13王本14田中15松村

 

前半2分に田中のトライが決まると、
テンポよくトライが続き、
同志社60-0福知山で前半戦が終了です。

 

メンバー交代
1西口out→16前田in
2谷本out→17藤井in
9神代out→19平井in
14田中out→24野村(大)in

 

後半戦スタート。

 

後半に入っても勢いが衰えず3トライ続けて決まります。

 

メンバー交代
10岩下out→22西村(海)in
11澤田out→21清水in
15松村out→23笠原in

 

後半15分になり福知山に1トライを許してしまいます。

 

しかし、トライを取られた後も集中を切らすことなくプレーすることができ、最終スコアは同志社108−7福知山となりました。

 

 

今日の試合がデビュー戦となったプレイヤーも
数名いましたが、
それぞれのプレイヤーが自分の役割をしっかりと果たすことができ、多くのトライを重ねることができました(^^)

 

 

来週は洛北高校とベスト4かけた試合です!
必ず厳しい戦いになると思いますが、
試合に出ているメンバーだけでなく、コーチ陣、マネージャーなどを含めた全員が一丸となって力を出しきり、また再来週の試合へと続けていきましょう!

 

ゴールデンウィークはハードな日々が続いたので、明日のオフでは
しっかりと心身の疲れを取るように心掛けてください!

 

ご覧頂きありがとうございました。

初陣

こんにちは!

本日ブログ担当の米澤です。

 

遂に公式戦初戦を迎えました。1週間延びての新チーム初陣です!IMG_8641

 

メンバー

 

1西口2野村(龍)3谷本4平本5池内6西村(吉)7奈須8白井

9神代10西村(海)11坂本12木村13王本14澤田15笠原

 

前半開始早々トライを取り、そこから続けて6本取って、

得点は同志社49-0福知山で折り返します。

 

メンバー交代

 

7奈須out→19栃岡in

9神代out→21清水in

14澤田out→20田中in

 

後半も相手にボールを持たれてはしっかりと止めるというのを繰り返し、

トライを取られることなく続けて3本トライを取ります。

 

メンバー交代

 

5池内out→17多田in

 

その後2本トライを取って得点は82-0で試合終了です。

 

本当は先週行われるはずだった試合ですが、

天候不順のため1週間延期し今日行われました。

試合会場も変更され、初めてのグラウンドとなった上に生憎の雨。

コンディションは決してよくはありませんでした。

雨と寒さで手もかじかんで、いつも以上にミスも増えてしまいましたが

新チーム公式戦初戦、完封勝利をすることができました。

しかし私達のターゲットは次の伏見工戦です。

残り1週間しかありませんが、

そこに向けて着実に一歩前進できたのではないでしょうか。

 

3年生もいらっしゃった時の秋の公式戦ぶりに聞いた同志社チアーズに

なんだか胸がじんわりとしました。

頼れる3年生はもういないということ、自分達が1つになり

これからやっていかなければならないということを改めて感じました。

新チームになってからのみんなの決意がこもった同志社チアーズでした。

 

久しぶりの雨での試合そして土のグラウンドでの試合となり、

途中はあられのようなものも降ってきていつも以上に疲労もあると思います。

今日、明日のオフとしっかりと身体を休めて火曜日からの練習、

風邪などで誰1人欠けることなくまた集まりましょう。

何よりも今日は身体の芯から冷えてしまったと思うので、

とにかく温かくして疲れが取れるようにしてください。

 

ご覧いただきありがとうございます。

セブンズ大会@宝ヶ池

こんにちは!本日ブログ担当の米澤です。

今日はセブンズ大会の準々決勝、準決勝、3位決定戦がありました。

 

1試合目(準々決勝) vs京都学園高校

 

メンバー

1真山2小栗3田中(源)4木下5笠原6坂本7中村

 

前半1分 7中村トライ 同志社5-0京都学園

前半3分 7中村トライ 12-0

前半6分 4木下トライ 19-0

後半1分 2小栗トライ 26-0

後半4分 5笠原トライ 31-0

 

2試合目(準決勝) vs京都成章高校

 

メンバー

1真山2小栗3田中(源)4木下5笠原6坂本7中村

 

前半6分 6坂本トライ 同志社7-0京都成章

後半1分 7中村トライ 12-0

後半2分 成章トライ 12-7

後半5分 成章トライ 12-14

 

3試合目(3位決定戦) vs京都外大西高校

 

メンバー

1池内2小栗3田中(源)4木下5笠原6田中(大)7中村

 

前半1分 外大西トライ 同志社0-5京都外大西

前半3分 1池内トライ 7-5

前半4分 6田中トライ 14-5

前半6分 外大西トライ 14-12

前半7分 7中村トライ 21-12

 

3田中(源)out→8真山in 6田中(大)out→11坂本in 5笠原out→12西村(海)in

 

後半1分 4木下トライ 28-12

後半2分 8真山トライ 33-12

後半6分 8真山トライ 40-12

 

image結果は惜しくも3位となりました。

今日の試合は本当に雰囲気も良く、連携やコミュニケーションも上手くできていて、見ている私たちまでドキドキするような試合でした。

メンバーに入っていない選手はスタンドからの応援だったのですが大きな応援の声も聞こえてきて、チーム一丸となって戦えた様に感じます。

私学大会のセブンズではあまり良い結果が残せませんでしたが、結果は3位。短期間でチームとして大きく成長出来てきているのではないでしょうか。

特に2戦目の成章戦など結果2点差で負けてしまったものの途中まではリードできていましたし、勝てると思えるようなゲームでした。

 

今日は蒸し暑い中3試合というハードな1日だったと思います。メンバーの皆さんは疲労が溜まらないようにゆっくりと体を休めてください。そして来週から始まる私学大会15人制に向けて最高の準備をしていきましょう!

 

長文失礼します。ご覧頂きありがとうございました。


 

vs洛水高校

こんにちは!
本日ブログ担当の藤田です。

 

今日は太陽が丘にて洛水高校とセブンズの試合を行いました!

 

▷メンバー
1真山 2小栗 3田中(源) 4木下 5笠原 6坂本 7中村

 

前半
1分: 同志社6坂本 7-0
4分: 同志社7中村 12-0
6分: 同志社2小栗 17-0
7分: 同志社5笠原 24-0

 

後半
2分:同志社5笠原 29-0
4分:同志社4木下 36-0
7分:同志社5笠原 41-0

image
image
先日から行われている、私学大会のセブンズでは思うような結果得られず苦しい場面が多くあったので、

今日の試合結果はこれからの試合に向けて、
良いイメージを持つことが出来るきっかけになったのではないでしょうか。

 

6月はこれから15人制私学大会、島津ラグビー祭と試合する機会がたくさんあります。
なので、試合を重ねるごとにチームが成長できるよう、1試合ごとの反省点を皆で共有し大事にしていきたいと思います!

 

 

最後に明日の詳細です!

準々決勝 11:40K.O
準決勝    13:20K.O
決勝        14:40K.Oで行われます。

熱い応援をよろしくお願いします!

 

ご覧いただきありがとうございました。